社員教育の種類|団体旅行で社員の親睦を深めよう

ウエイトは個人次第

研修

宿泊施設にかかる費用とは

従業員の育成のため、様々な機関を利用して定期的に合同研修を行う企業が増えてきています。それは、日頃の業務活動の中だけでは習得できない内容に触れたり、働くことへの意識や心構えの再確認、他人との比較等を行ったりと個々の成長や人間としての広がりを期待するという目的が背景にあります。そのため、普段働いている場所からは離れた全く異なる環境に一定期間身を置き、まずは意識を変えることが準備として必要です。そういった都合に合致するものとして人気が高いのが宿泊研修です。 もちろん、宿泊を伴うのでその利用料はある程度かかります。一般的に普通のビジネスホテルと変わらないぐらいの設備内容で食事もついているので、1泊するだけで1万円前後することが普通です。

宿泊研修が活用される理由

宿泊研修をメインとする施設は一般の宿泊施設とは異なり、やはり研修や会議のために必要な部屋や設備が充実しています。また、周囲には娯楽施設はなく、外界からはある程度隔離されて落ち着いて集中できる場所に立地していることが多いです。 こういった施設は昔に比べると随分と増え、活用されるようになりました。それは、企業においてその従業員にとって必要なものがそのスキルだけでなく、人間性であったり、意欲であったり、また仲間との協力であったりと個々の人として求めるものがウェイトを占めるようになったからです。宿泊研修はそれを確認したり、養うために絶好の機会となるのです。宿泊研修ではその人の人となりも発見できる、優れたものとして注目を集めています。